Bontrager サドルバッグ ─ 見た目が良く 収納性もグッドなやつ(レビュー)


ボントレガーのサドルバッグ、Elite-Seat−Packシリーズ。

今までLサイズを使用してたけど、XLサイズを買い増した。

コンパクトなサイズ感だけど、ファスナーマチを開くことで、最大容量 約2.3L まで拡張できる。

見た目とスペック


底面のファスナーマチで拡張できる構造。

スペック Bontrager Elite Seat Pack XLサイズ
値段 5,500円 (税込み) 2021年
メーカー Bontrager / TREK
カラー展開 ブラックのみ
重量 軽い部類
容量 1.73〜2.23L(拡張時)22,5 × 10,5 × 11 cm (L × W × H)
モデルNo. モデル 530262
サイズ展開 micro / S / M / L / XL┃5サイズ展開
商品の詳細ページ https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/bontrager-elite-seat-pack/p/14411/
購入方法 日本の場合、Trekの正規取り扱い店舗。(ECサイトで購入できるとこはほぼない)

 

通常形態から拡張した様子。天面にポケット。後部ロゴはライト用を挟めるヒモバンドになってる。

 

収納例


ミラーレスカメラとチェーン錠を収納。一応どちらも入る。Lサイズ┃XLサイズ


Pixel 6 を収納。Lサイズだと縦寸が足りず閉まらない。XLサイズはOK。

これまで、Lサイズ(1.39L) を使用してきた。
Lサイズは、2、3つ以上の小物を入れようとすると微妙に入り切らないことが多かった。

例えば、ライド先で何か購入してサドルバッグに入れようとしても荷室はすでに埋まっていて「もう少し容量があればな」と感じるシーンもあった。
(小振りでスマートなシルエットでいいんだけど・・・)

そこでたまたま立ち寄ったトレックストアで、XLサイズに出逢って、これだ!と飛びついた。

底面のファスナーマチを開けば、荷室が拡張できる。
サイズ感もLサイズと変わらず、目立つ大きさでもない。視覚的な影響を抑えるコンパクトさ。

 

耐久性と使い勝手

シートポストへの固定はゴムループ。
ゴムの耐久性が不安になるけど、3年以上使ってきても経年劣化がなく信頼できる。

サドルへの固定はベルクロ。こちらも3年以上使ってもヘタレはないし、ガッチリ固定できる。

ファスナーは耐水ファスナーになっている。ラバー部分が劣化しやすいけど、3年運用ではまだ大丈夫。(YKK製)
ただ引き具合が硬いので、開ける動作は両手を使う。持ち手にストラップがあるのはいい配慮。(シリコン吹きたい)

全体的な素材はナイロン。PUコーティングされている。底面は水しぶきを防ぐため、ゴム引きコーティング(ハイパロン)されている。1回だけ大雨の中を走ったことはあるけど、全体が湿っても内部に水気が入ることはなかった。ドロ汚れも濡らしたタオルで拭けば落とせる。

 

Bontrager 製品について

Bontragerのプロダクトは、デザインが変にうるさくないし、ちょっとした工夫が施されていて気が利いてる商品が多い。

ただ、Web上で気軽に購入できないのが難点だ。実店舗オンリーだと認識している。(たまに外通で買えるけど)

 

例えば、サドルバッグで検索したら、トピークやアピデュラはよく遭遇するけど、
スペシャ、ジャイアント、スコット、ボントレガー などのメーカー専売は、オフィシャルサイトを覗かないとアイテム展開が知れない。

なので見逃しやすい。そしてレビュー数が少なくブログなどで紹介されにくい。→代表的な商品に偏ってしまうスパイラルが発生。
だけど、かゆいところに手が届くプロダクトも多く、ある意味 “穴場” 的なスペースになっている。(販売側は穴場にしたくないだろうけど)

 


購入した店舗は日本橋エリアにある LORO ローロ。Trek直営店よりアクセサリーの品揃えが豊富とのこと。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です